男の子を育てる大変さについての

投稿者: |

男の子を育てる大変さにつきましては大変すぎて自分自身が身を引き締められます。

 

男の子はやんちゃで活発ですのでお友達ともすぐに喧嘩をしてしまいます

 

その度に親が入りますができれば私はあまり子供同士のいざこざには入りたくないと思っているのが現実です。

 

子供同士のいざこざに親が入ってしまうと親同士も不仲になってしまいます。

 

親同士が不仲になってしまう原因はやんちゃな子供がいざこざ起こしてしまうからです。

 

せっかく仲良くなっても親は子供のことでむきになってしまいますのでいつまでも根に持たれてしまいます。

 

現実に私がそう言った経験をしています。

 

昔でしたらあまり親が入ってくると言う事はなかったのですが今現在は少子化なので致し方ないことだと思います。

 

今現在は少子化で家庭に1人か2人しか子供を産みませんので親もその子にかかりつけになってしまいますのでやむを得ないと思いますが親同士の関わりも良くしたいので私はあまり子供同士の話に入り込むのはよくないことだと思います。

 

男の子育ててみて思った事は可愛さは半端ありません

 

男の子は小さい頃は父親より母親が大好きです。

 

お父さんは会社に行っているので夜遅く帰ってきますのでなかなかパパに心を許しません。

 

ですが母親は毎日面倒を見ていて可愛がっていますのでその心が子供に通じているのだと思います。

 

男の子を育てる上での大事さは男らしく育てると言うことです。

 

転んでも起き上がらせてたくましく育てた方がいいです。

 

私私もそうですが少し転んだからと言って手は差し伸べしません。

 

痛くない痛くないと言ってすぐに立ち上がらせます。

 

そうすることで子供自身も成長しますし強い子に育てられます。

 

悪いことをした時は思いっきり叱らないといけません。

 

男の子の場合きちんとしつけないといけませので悪いことをした時にいいよいいよと母親が言ってしまったのでは良い子に育ちません。

 

私は怒るときは強く叱っています。

 

男の子を育てる上で大変さはまだまだあります。

 

自分が思うようにいかないと癇癪を起こします。

 

全てが思い通りに行くとは思いませんが子供は思い通りにいくと思っています。

 

そこがお友達とコミニュケーションをとる大事なところだと思います。

 

何でもわがままを通してはいけませんのである程度我慢させると言うことも大事です。

 

そしてすぐにお友達になれるのも男の子特有の可愛らしさです。

 

公園で初めて会った子でもすぐにお友達になれます。

 

男の子

 

関連記事

男の子を育てる上での苦労話

男の子って何で何で何で?女の子との違いは??